オリーブ大福(オリーブオイルとあんこのマリアージュも絶妙!)

オリーブ大福

有名どころだと思いますが、たねやさんのオリーブ大福をおすすめします。

私は相当リピートしています。

目的は、家族で食べるのはもちろんのこと、友人や親戚、お世話になってる方へのプレゼントだったりします。

冷凍で保存できるので、一度に5,6セットまとめ買いさせてもらっています。

このオリーブ大福は、大福にオリーブオイルをかけて食べるところが最大の特徴です。

大福自体にも特徴があり、甘さやや控えめなあんこですが、牛皮の柔らかな塩気との調和により穏やかな気持ちになれること必然です。

ここに付属のオリーブオイルをかけることでコクといいますか、奥行きといいますか、味覚の次元が一つ追加される、そんなデザートだなぁと思って毎回頂いています。

あとは、オリーブオイルとあんこのマリアージュも絶妙で素晴らしいですが、何よりも見た目の美しさにも注目していただきたいです。

オリーブオイルって普通黄色っぽいですが、こちらのオイルはやや青みがかかっています。

大福の白地にフレッシュなオリーブオイルをたっぷりかけていく。

ああ、この世の贅を尽くしたと断言してもいいのではないのでしょうか。

この機会に是非ご賞味ください。

銀座千疋屋のケーキ

私が楽しみに取り寄せしているのは、銀座千疋屋のケーキです。

千疋屋はご存知、高級フルーツ屋さんとして有名店です。

その果物を使ったパティスリーが通販されています。

私は焼き菓子よりもケーキにしています。

冷凍で送られてきますので、使用する時まである程度取っておくことが出来るので便利です。

会合などの時やお友達とお茶する時には、紅茶や珈琲と共に自慢気に出しています。

千疋屋のケーキの特徴は何と言っても、その時期に一番美味しいフルーツを使用していることです。

シンプルですが、それが却って上品に感じられるのが伝統ある店のプライドかと思います。

ゆっくりと自然解凍すれば、新鮮な美味しさでまったく冷凍は感じさせません。

味はデザイン同様、フルーツの味を際立たせており、さっぱりと何方にも食べやすいです。

値段は千疋屋のフルーツは高価というイメージを私は持っておりますが、ケーキは違います。

ホールケーキで3000円位からありますので、ケーキ専門店と比べたら、安価です。

私がちょっとした会合に使っているのも、その理由があるからです。

また、ホールケーキは人数が増えても対応しやすいので、その点もあります。

ロイズの生チョコレート(生クリームの味に衝撃!)

大倉商事 焼き芋

私が何度もリピートしてお取り寄せしている食品は、大倉商事さんの焼きいも館で売られている焼き芋です。

初めて食べたのは贈り物としていただいたのですが、一つずつ焼き芋が袋に入っており、レンジで温めるだけで簡単に焼き芋が食べられます。

焼き芋やさんで買うような香ばしい焼き芋が手軽に食べれるとあって、家族からも好評で、何度もお取り寄せしています。

芋は、時期によってなのか、使う芋の種類なのかはわかりませんが、ベタベタとするときもあれば、ホクホクのときもあるので、取り寄せて開けてみなければわからないところもありますが、おいしくないと感じたことはありません。

柔らかい芋のときは、子どもにも食べさせやすいですし、おすすめです。一つ一つの芋が大きめですので、休日の昼食などにちょうどいいです。

我が家では、そのまま食べるだけでなく、おすすめの食べ方に従って、バターを塗って食べることもあります。

温めた焼き芋にとろけたバター、とってもよく合いますし、バターの塩っぽさと芋の甘さがとてもいい感じになっています。

送料も高くないですし、箱で購入するのですが、注文してから割りとすぐに届きますので、手軽に購入できます。

ロイズの生チョコレート

私が何回もリピートしてお取り寄せしているスイーツは、ロイズの生チョコレートです。

初めて食べたきっかけは、友人から北海道のお土産に生チョコレートを頂いて、初めて食べたクリーミーな口溶けと、北海道で厳選された生クリームの味に衝撃を受けたからです。

それからは、すっかりロイズのファンになってしまい、引越しの挨拶の時や友人への贈り物、お歳暮やお年賀の度にお取り寄せしています。

ロイズは、季節によって新しい味のチョコレートが発売するので、毎回チェックを欠かせないのですが、生チョコレート以外にも美味しいスイーツがたくさんあります。

私がお気に入りの生チョコレートは、ビターからフルーティーなものまで種類が豊富です。

どれも美味しいですが、私が最近一番好きな味は、ミルクチョコレートにポートシャーロットをブレンドしたアイラウィスキーです。

お酒が苦手でなければ、とても食べ易く大人な味です。また、秋に発売した、マロン味も美味しかったです。

栗好きな友人へあげて、大変喜ばれました。ハロウィンやクリスマスなど、イベントの度に可愛らしくて盛り上がるロイズのチョコレートは、子供にも大人気でとても楽しく幸せな気持ちになれます。

森源商店さんのいくら醤油漬け(少し甘めの味付けがご飯との相性抜群!)

森源商店さんのいくら醤油漬け

食の達人森源商店さんのいくら醤油漬け200グラムを、いくら好きの夫のために、誕生日やお正月のたびにリピート購入しています。

こちらは弾けるような大粒のいくらではなく、どちらかというとやや小粒めのトロッとしたタイプのいくらです。

一般的な鮭いくらや鱒いくらではなくサーモンいくらだそうですが、生臭みが無く口の中に皮残りもありません。

ぷちっとやわらかな食感と共に旨みが溢れ出し、サーモンの脂が濃厚で、少し甘めの味付けがご飯との相性抜群です。

ですのでおつまみ的に食べたい方にはもう少し醤油が強いものの方が良いかもしれません。

うちは二人ともあまりお酒を飲まないので、たっぷりとご飯に乗せていくら丼を楽しんでいます。

また家族が夫婦のみなので、一般的な500グラムのパックは多すぎて、解凍後賞味期限内に食べるのが大変で、持て余し気味になります。

こちらは200グラムなので、夫婦二人豪快に食べて二回分くらいなので無駄にすることなく食べ切れ便利です。

さらに小粒めなせいか価格がお手頃で、値段を気にせず贅沢に食べられるので、昨今の魚介類の高騰の中でありがたい存在です。

今後もリピートしていきたいと思います。

クノール カップスープ &舟和の芋ようかん(さつまいも好きにはたまらない!)

クノール カップスープ バラエティボックス 30袋入

私が何回もリピートしているお取り寄せの食品ですが、Amazonで「クノール カップスープ バラエティボックス 30袋入」をよく取り寄せしています。

内容量:30袋入り – コーンクリーム:(17.6g)×16袋、ポタージュ:(17g)×10袋、オニオンコンソメ:(11.5g)×4袋の全種類で合計30袋入りですが、全種類とも好きなスープであり、メーカーがクノールなので、本当においしくて子供のころから飲んでいます。

食パンやフランスパンを食べるときにはコーンクリームのスープと一緒にして朝食の時に食パン、または、フランスパンにコーンクリームのスープをつけて食べています。

もちろんコーンクリームのスープも飲んでいますよ。コーンの香りがよく、パンにつけて食べるととにかくおいしいのです。

1度はまるとやめられません。

ポタージュスープは家事などがすんでホッとして体を休めているときに飲みます。

ポタージュスープもおいしくて香りがよくて好きで飲んでいます。

自家製のクルトンが入っていて、クルトンがおいしくて本当にクリーミーです。

オニオンスープは玉ねぎの香りがよく、あっさりしているのでよく飲んでいて好きな味です。

舟和の芋ようかん

私がお取り寄せしているスイーツは舟和の芋ようかんです。

初めて食べたのは浅草に観光へ行った際に、店舗にて食べました。

普段、芋ようかんを食べることはなかったのですが、こちらの芋ようかんを食べるとさつまいもをそのまま食べているかのような濃厚さで、驚きました。

元々石焼き芋は好きだったのでさつまいも好きにはたまらない濃厚で自然な甘さがあります。

実店舗で購入してから、私が住んでいる地元では舟和の店舗がなかったので、人にスイーツをあげるときや自分へのご褒美としてお取り寄せしています。

この商品は日持ちがせず購入日から2、3日の賞味期限となっているので注意です。

なので私は届いてから冷凍をするようにしています。

芋ようかんは個包装になっていないので、届いてからは個別にラップで包み、冷凍しています。

食べる際は食べる何時間か前に常温解凍するか電子レンジで加熱をすると美味しく食べられます。

電子レンジで加熱のほうがホカホカの焼き芋のような感じがするので、私はオススメです。

さつまいもが好きな方やさつまいもに目がない方は自分へのご褒美、または贈答品として是非一度お取り寄せをして食べてみたらいかがでしょうか。